あそこ 臭い 対策

デリケートゾーンが蒸れて嫌なにおいがする

 

人種によっても量が変わります。日本人は少ない方です。アポクリン腺の目的は体温を調節することではありません。

 

アポクリン腺の目的は元々人間が動物だった時代に仲間同士を確認したり異性を興奮させるために出ていた匂いです。ですのでアポクリン腺汗から臭いがするというのはある意味とても自然なことです。

 

あそこ蒸れにおい

 

アポクリン腺の数は個人差がある
人間進化の過程で体毛が減りアポクリン腺の数が減りましたが現代でも多い人と少ない人はいます。
そしてアポクリン腺から汗が出る傘が少ないためにアポクリン腺から汗がでる方はワキガ臭がするといわれたってとても悩むことになります。

 

 

良い汗はサラサラしてすぐに乾く

汗にはニオウと臭わない汗があります。なぜ臭わない汗さらさらしている足について解説します。
まずサラサラの汗はアポクリン腺ではなくエクリン腺から出る汗

 

 

エクリン腺から汗が出る仕組み
まず気温が上がるなどして体温が上がってくると血液から水分とミネラルが完全に取り込まれていきます。
このままにミネラルは幹線から外に出てしまうのではなく大部分がもう一度血液に吸収されて水分だけが外に放出されます。
この時微量の塩分も含まれていて汗をかいた時に舐めると辛いのはこのためです。このようにできていま

 

 

なぜ汗をかくと体が冷えるのでしょうか。それは気化熱という機構が関係していて、
水が蒸発する時に体温を奪っていくためです。
そのため汗をかいてすぐ乾くと体温が冷えるのです。

 

蒸れの臭いを洗い流せる市販の石鹸

 

ベタベタする汗はにおう汗
ベタベタする汗この汗は水分以外に見られる分が多く含まれている明日です。この足は水分に意外に見える分が多く含まれている汗です。

 

におう汗は汗腺の機能が弱ってくるとミネラル分が再吸収してくれずに水分と一緒に体の外へ出てしまいます。こうすると触ったらベタベタしていてまた蒸発しにくく体温調節がうまくいかなくて熱中症になってしまったりします。

 

6月は急に夏にかけて暑くなります。そうすると感性がまだよく働いていないためじっとりした汗が出てしまい体温の発散ができずに熱中症になってしまう方が多いです。

 

それ以外に真夏でも冷房が完備されていて全く熱気にふれないでいると汗腺がきちんと動いてくれずにべとっとした汗をかいてしまいます。

 

それ以外に緊張して出る汗精神的な発汗でもミネラル分が再吸収されていないベタベタとした汗が出てしまいます。

 

 

良い汗と悪い汗の違い
良い汗は塩分を適度に含んでいてこれは汗を酸性の働きにして皮膚の常在菌の繁殖教えてくれます。ですので良い汗をかいてもあまりにおりません。

 

悪い汗
悪い汗がベタベタしていてミネラル分が多いです。ミネラル分が好きな皮膚の菌が繁殖し汗の臭いが汗臭くなります。

 

あそこの臭いは石鹸で解消できます。
こちらのサイトを参考にしてください